1. HOME
  2. ブログ
  3. 受験
  4. 3年生が全員第一志望に合格しました!

3年生が全員第一志望に合格しました!

こんにちは。C.schoolの風間です。

コロナウィルスの件で、社会は混乱をしており、子どもたち・ご家庭ともに、ご不安なことも多いかと存じますが、 臨機応変に対応してまいりたいと思います。

こんなときこそ、明るいニュースを…!!
昨日都立入試の結果が出て、 C.schoolの3年生全員が第一志望校に合格しました!🎉 8人の中三生が通ってくれていましたが、2人が都立推薦入試、3人が都立一般入試、 3人が私立の単願推薦入試で合格しております。 都立の一般組の結果が出るまで落ち着きませんでしたが、合格の報告を受けてとても安心しました。長い期間、本当にみんなよくがんばった!!

この受験というプロセスを振り返ると、一人ひとりが希望を抱き、ときに不安を抱え、様々な葛藤と戦いながら乗り越えてきました。

周りと比較して落ち込んだり、「絶対に無理だ」と言われて諦めそうになったり、偏差値が一気に上がって喜んだのも束の間で伸び悩んだり、学力は順調に伸びていたのに直前の模試で失敗してしまったり、やりたいこと・送りたい高校生活をイメージすればするほど出願校を迷ったり。

「自分にとって、どの学校を選ぶべきなのか」この答えのない問に向き合う苦しさ。昨日できた問題が今日できなくなっている悔しさ。勉強してもしても周りにおいてかれているような気持ちになる焦り。

自分も同じような経験をしてきて(いまでも同じようなことはあるからこそ)、時に子どもたちを見ているのが苦しくなるような瞬間もありました。受験直前の1ヶ月は、「もっと早く勉強しておけばよかった」「無理かもしれない」そんな声も聞こえました。だからこそ、報告に来てくれた一人ひとりの「受かりました…!よかったです…!ありがとうございました!」の笑顔を見て、心から嬉しい気持ちになりました!本当にみんなおめでとう!

受験を振り返れば、一人ひとりにストーリーがあり、一人ひとりにとって様々な学びがあったと思います。「あそこでがんばったから合格できた」「あそこであっちを選んでればよかった」ポジティブな感情もネガティブな感情も、ぜひ言葉にして、これからの行動に生かして欲しいです。挑戦をしたときに得た感情や行動を振り返り、自分の良いところ、変えたいところを自分の言葉にすることで、今後の行動に、人生に活きるものになります。

先日、3年生の保護者の方とお話をしていて、「これからは選択したものを正解にしていくときですよね。」とおっしゃられていて、本当にその通りだと思いました。受験はあくまで通過点、高校に入れば、楽しいことも楽しくないこともあるかもしれません。でも、どんなことが起きても、自分らしく、目の前で起きていることを自分なりの正解にしていって欲しい。一人ひとりにとって、自分らしく、最高に充実した高校生活になることを心から祈っていますし、引き続き応援しています!

C.school 1期生、これからも何かあればいつでも気軽に立ち寄ってくれれば嬉しいです!雑談でも、高校生活の悩みでも、将来に対する希望や不安でも、またいろいろ話しましょう。もしくは、大人になってからでも、いつでも。C.schoolはいつまでも、みなさんの味方であり、サポートできる存在でありたい。そのために私たちも成長し続けます。お互いがんばりましょう!

そして、あと一ヶ月C.schoolで勉強してくれるみなさんは高校生活の飛躍につながるように基礎固め、しっかりやり切ろう。それから、コロナの状況が落ち着き次第、受験お疲れ会を開こうと思っているのでお楽しみに(^^)/

最後になりますが、C.school 1年目から信じて入塾させてくれた保護者のみなさま、信じて入塾してくれた子どもたち、本当にありがとうございました。この瞬間に立ち合わせもらえたこと、みなさんの受験という大事な人生のプロセスの一部にでも関わらせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです!

塾を開いてよかった!!!