ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. その他
  4. 【重要】休校延期にともなう授業の実施状況について

【重要】休校延期にともなう授業の実施状況について

こんにちは。C.schoolの風間です。

ブログの更新が滞っておりましたが…
コロナウイルス感染拡大に伴い、気を抜けない日々が続いているものの、状況を注視しながら授業の継続をしております。

また、近隣の小中学校が約1ヶ月休校延長することを受け、来週以降の運営を以下の通り行うことを決定しました。
※感染状況拡大に伴い、常にリスクと社会要請を注視しながら判断をしていくため、変更になる場合がございます。その際は、すぐにご連絡をいたします。

【概要】
お子さまの健康の安全を第一に、お子さまの学習の継続を第二の優先順位に判断基準に設け、感染拡大防止に最大限の払った学習環境で、可能な限り学習時間を確保できるようにシフトを組んで授業を行います。1コマ8名前後、授業時間105分、開講時間は8:15-17:45となります。

本授業期間の受け入れ可能人数が残りわずかとなっておりますので、入塾をご検討中の方はお早めにご連絡いただけますと幸いです。人数制限を超えた場合には、入塾予約という形で承らせていただきます。

安全面の配慮について
①一人一人の座席を隔離し、8人前後の人数制限。また、トイレ・入り口への導線を一本化し、接触を最小限に抑える座席配置。
②感染拡大防止のためのグランドルールの設定
(1)手洗いうがい消毒の徹底
(2)マスクの着用(ご準備できないお子さまには塾より支給。洗えるマスクを人数分準備をしているところです。)
(3)至近距離での会話の厳禁
③授業と授業の間に15分間の換気、全席のアルコール消毒。

教室環境については、以下のURLからもご確認いただけます。https://youtu.be/bAD87-20Hbo

学習の継続に関しては、特に、学習習慣の乱れと学習量不足が懸念されるため、以下の通り授業を行います。

授業について
①105分 / コマの学習量の確保
②現学年の授業先取り(必要に応じて、前学年の復習)
③個人面談を通じた学習計画の管理(中学生)
※夏休みの短縮が想定されることより、特に、中三生は、この期間の学習量が受験に大きな影響を与えてしまう懸念があるため、2コマ分3.5時間の学習に取り組んでもらいます。

本対応の期間について
4/8(水) – 5/5(火)の月-金の20日間(祝日含む)
※4/6(月)は在校生の登校日、4/7(火)は入学式でシフトが組めないため、おやすみとさせていただきます。

授業時間について
8:15 – 10:00 授業①
10:00 – 10:15 換気・消毒
10:15 – 12:00 授業②
12:00 – 12:15 換気・消毒
12:15 – 14:00 授業③
14:00 – 14:15 換気・消毒
14:15 – 17:45 授業④⑤(中三生のみ)※途中随時換気

【今後想定されるリスクについて】
今後、コロナウイルスの感染拡大に伴い、ロックダウン等も想定されます。また、私たち、お子さま・ご家族を含め、C.school関係者にコロナウイルス感染の疑いが生じる可能性もございます。このような事態となった場合には、直ちに講習を中止し、未消化の授業コマ数については、収束後の土日・祝日なども活用しながら対応をしてまいります。

ご案内は以上となりますが、何かご不明点等などございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。

また、様々な有識者の発言やニュースを見ていると、この状況の長期化も考えられますが、最近、子どもたちの様子を見ていると、徐々に精神的な疲れも出てきているように感じています。学校がないことにより、コミュニケーションの不足や運動不足などが、心身の健康に影響を与える二次災害も気をつけなければならない、といった旨の情報も目にしましたし、肌で感じております。
引き続き、お子さまの健康の安全を第一に、お子さまの学習の継続を第二の優先順位として意志決定をしていくと同時に、子どもたちのセーフティーネットとなれるように努めていきたいと感じております。

コロナウイルスの影響を受け始めているご家庭もあるかもしれません。私たちで力になれることがあれば遠慮なくお申し付けください。このような状況だからこそ、一緒に乗り越えていければ幸甚です。

もちろん、私たちもマスクを着用していますが、不足しそうになっていたところに、保護者の方が会社でマスクを生産し始めたとのことで、私たちに1つずつプレゼントしてくださいましたm(__)m本当に本当にありがたいです… 物理的に助かるのはもちろんですが、このような状況のときにお気遣いいただき助けてくださることに、精神的にとても支えられました。そして色もとても気に入っています!※私たち二人もいまはこんなに至近距離によらないように気をつけております。