1. HOME
  2. ブログ
  3. 学習指導
  4. 中2,中1 模試を行います!

中2,中1 模試を行います!

こんにちは、関屋です。

小松川一中や二中、吾嬬立花中はいよいよ今週が定期考査と迫りました。亀戸中や第二亀戸中は、来週ですね。各中学校、試験直前の追い込み期間へと入っています。

これは小松川区民館をお借りして試験対策を行っている時の様子。試験前の部活お休み期間に入り、毎日の試験勉強をしに来てくれる人数が増えてきたタイミングから、現在はC.schoolの教室と江戸川区の施設の二拠点体制で平日は進めています。(もちろんそれぞれに講師が常駐しているので、分からない問題の質問や勉強の仕方の相談なども可能です)

一方、近隣の中学校の中で、小松川三中の中間考査は今月の下旬ということで、まだもう少しだけ期間があります。そうした中、三中の3年生を中心としたメンバーは、昨日の日曜日に「Vもぎ」を受験してきました。(それ以外の3年生は、試験が終わってから来週の日曜日に受験する予定です。)

C.schoolの3年生にとって「Vもぎ」は、基本的に年間に5回の受験を行っていく、入試へ向けた指標となる模試です。この5回の模試を通して、志望校合格に対して必要な偏差値や内申点の整理、入試が近づいて来た時には受験校決定の判断材料などにしていきます。そしてそれと同時に大切となるなのが、模試によって、自分にとってどの教科/単元に苦手な部分があり、つまりまだ伸びしろがあるのかを把握すること。模試は幅広い試験範囲として出題されるため、自分自身の全体的な理解度を確認するために適した機会となります。

「模試を受験した時は、その日のうちに自己採点と解きなおしをする」ことを模試への取り組み方として3年生たちに伝えていますが、これもそうした背景から来ています。

中学2年生&1年生も、C.schoolで模試を行います!

この「Vもぎ」については、中学3年生になって初めて受験をできるものとなっていますが、それ以外にも、各社が実施している全国模試はあります。今回C.schoolでは、10/10(日)に、中学2年生&1年生を対象とした模試を行うこととしました!

「模試を受けることで自分自身の理解度を確認する」という意味では、これは3年生に限らず、2年生や1年生にとっても同様の機会となります。また2年生にとっては、まだ受験まで少し期間はありますが、現時点の自分の偏差値を出してみることで、来年自分が目指すことになる高校の目安を知ることができたり、またそれによって自分が興味をもって調べてみる高校のその取っ掛かりをつかむ機会ともなりえます。

ただ少しだけ注意点となるのは、中2以下で行う模試は、その特性上、中3で行う「Vもぎ」などに比べて、若干、偏差値が低く出やすいものだということ。中3の「Vもぎ」では、入試に向けて都内のあらゆる中学3年生が受験をすることになりますが、中2以下の全国模試では、全国の塾に通うある程度限定的な人たちのみが受験するため、平均点がややハイレベルに算出される傾向があります。

いざ模試を受けた時に、「思ったより偏差値が低かった…」と、本来の必要以上に本人がヘコんでしまったり、自信を失ってしまったりすることのないよう、この前提だけは踏まえておいた方が良い部分です。ただ、特に模試にチャレンジしてみたい!と少しでも本人が思っている人にとっては、色々な意味でポジティブな効果がある機会にできるはずです。

模試の実施後には、数学の問題に対して解説授業を行う予定です。その上で、一人ひとりが個別の問題として分からないものについては、質問をしてもらうことで個別に解説もできるよう準備をしています。

この模試→解説授業→個別フォローの一連の流れについては、C.schoolの塾生の人はもちろん、普段C.schoolに通塾していない人であっても、今回、同じく参加することが可能です!(詳しくはこちらへ)

まずは目の前の定期試験を乗り越えつつ、その先を見据えて、良ければ全国模試にもトライしてみましょう!