c.schoolのコンセプト

『Create your future』
自分の未来は自分で創る。

Vision

「なりたい自分」に出会える塾

私たちは、全ての塾生が「意志」を持って羽ばたいていけるように、学習を通じて、「自分」と「社会」を知り、成長する機会を提供します。

Mission

子どもたちの学習意欲を育み、主体的な進路選択を支援する。

子どもたちが本当に行きたい志望校を見つけ、志望校に合格する力を身に付けるために、私たちは一人ひとりと丁寧に向き合います。

Value

★自分の頭で考える力、自分の考えを表現する力、自ら学ぶ力を育成します。
★自分や社会を知り、やりたいこと、目標、志望校を見つける機会を提供します。
★見つけた志望校、決めた目標を達成するための学力向上を実現します。

c.schoolは、塾での活動を通じて、子どもたちに「自分の未来は自分で創れる」という自信と力を身に付けて欲しい、そんな想いで立ち上がりました。受験勉強や定期テストという手段を使って、「自分の意志を持って目標を決める力」そして「目標を達成するために努力する力」を育んでいきます。具体的には、「将来を展望し、本当にいきたい志望校を見つけ、合格する」「定期テストの目標を定め、達成する」そのようなプロセスを通じて、「自分の未来を創る力」を身に付けられるにサポートしていきます。大人になったときに、社会の中で、自己実現するための土台を築けるように務めてまいります。

教育方針

「自分の頭で考え、自分の考えを表現し、自発的に行動する」そんな力を身につけられるように私たちは働きかけをしていきます。その結果、自ら学ぶことができる人に育ち、塾生活においては、志望校を見つけ、合格する学力が身につくことにつながると考えているからです。

「志望校合格 = 本当にいきたい学校の発見 × 学力向上」を実現し、塾生のみんなが未来を語って羽ばたいていけるように、私たちはサポートしていきます。そして、大人になっても「自己実現 = 本当にやりたいことの発見 × 能力向上」を実現し、生き生きと自分らしい人生を歩んで欲しいと願っています。

塾長について

塾長は江戸川区出身の元中学校教員です。小松川高校卒業のため平井に愛着があることと、江戸川区の子どもたちに貢献したいという想いから、平井での開塾を決意しました。下町だけど、どこか落ち着きがあり、東京だけど都会すぎない、そんな江戸川区・平井が好きです。広い視野を持ちながら、地域の子どもたちの未来に貢献していきたいと思います。

教員時代

私が教員時代に大切にしていたことは次の3つです。そして、これらの取り組みをもっともっと形にして子どもたちに届けるために、c.schoolを立ち上げました。

①世界が広がる機会をつくること

学校を卒業し社会にでると、「自分で決めて行動すること」が求められるようになります。大人になると、自分で「やりたいこと」を見つけ、チャレンジしていく必要があります。そのきっかけは、実は子ども時代にあった、ということも少なくありません。子どもたちが大人になったときに、何かのきっかけとなる種をたくさん撒きたい、そう思っています。教員時代は、海外で働く人から現地の映像を送ってもらったり、時に、経営者の方に講演にきてもらったりしていました。これらが、将来への意欲、学習へのモチベーションを刺激すると考えています。

c.schoolでも、ディスカバリープログラムを通じて、このような機会も提供していきたいと思います。

②夢や目標を本気で応援する人であり続けること

「やってみたい!でも私にはちょっと無理かも、、、」少し高い目標を掲げたとき、自分自身の中からこんな言葉が浮かんでくるかもしれません。ときには人から言われることも。これは大人になってもずっと同じ。目標を掲げればそういうこともあります。私自身もそうです。「こんな塾をつくりたい!」といってから、諦めそうになったことも、人からやめた方が良い、と言われたこともあります。でも、方法を考えて、行動を続けていたら形になりました。

だから、みなさんが「ちょっとダメかも…」と思ったときは、一緒に実現できる方法を考えます。できるはずだと信じてやり抜いてみましょう。その先に見える世界が必ずあります。

もちろん、やりたいことがなくても大丈夫。c.schoolで、自分の夢や目標を見つけましょう。真剣に寄り添う講師がいます。

③自分で決めて、自分を表現し、自分で行動できる機会をつくること

私の授業形態は、テーマを与えて、子どもたちが自分たちで、何をやるかを言葉にし、自ら学ぶ機会をつくるよう形にしていました。なぜなら、大人になってからの学びがそうだからです。「言われたことをこなす」だけの勉強では、将来につながる学ぶ力にはなりません。自分で何をやるべきかを考え、わからなければ相談し、自分で決めて行動することこそが重要です。学校にもeラーニングを導入し、「自分の課題を見つけて、自ら学ぶ機会」を提供していました。その結果、驚くほど、主体的に学ぶ生徒が増えました。一年生のところからやり直す生徒がいれば、高校レベルまで進める生徒がおり、完全個別で学力が伸びていきました。c.schoolにeラーニングを取り入れたきっかけでもあります。

c.schoolでは、これらのツールを使い、自発的に学ぶ力が身に付くようにサポートしていきます。学習計画のアドバイスや、自分の力だけではわからないところを見極めて一人一人に合った方法で教えるなど、人にしかできないことに集中して、子どもたちの成長を支援します。

最先端の技術を活用しながら、本当に重要なコミュニケーションの量を最大化します。

学力を伸ばす3つの秘訣

秘訣①完全個別学習指導

(1)すらら活用×個別指導による自律的な学習

当塾では、学習計画の作成から学習内容の理解、確認テストの実施まで、最先端の学習システム「すらら」をベースとして、生徒が自律的に学習を進めていきます。講師は、個別の学習カリキュラムを生徒と一緒に考え、一人ひとりの学習状況を正確に把握して個別指導します。

(2)つまづき箇所の特定→「なにが分かっていないか」が分かる

「すらら」の活用により、生徒が問題に正解できていない時に、それ以前のどの段階から理解ができていないかを正確に把握することが可能です。これにより、適切な箇所まで振り返って学習し直すことができます。また、講師による個別学習指導も、生徒の不明点をピンポイントに押さえて行うことができます。

間違えた場合、同じ問題が繰り返され、そのあとも類似問題が出題されます。例えば、この図の場合、問題4を2回連続で間違え、その後も401補習問題でも間違えています。つまり、解説をみても理解できなかった可能性があります。そこで、生徒の回答をみると、hasのあとにくる単語を間違えているのがわかります。

本来、ここはbe動詞の過去分詞形beenをいれて、She has been busy.にならなければならないのですが、この生徒は、形容詞であるbusyを動詞として認識して、間違ってしまっています。

このように、生徒が何につまずいているのかがピンポイントで理解できるため、そのつまずき箇所を丁寧に教えることができるのです。わかっているところを二重で説明してしまったり、本人が頭を使って考えているときに答えを教えてしまったりすることなく、つまずきに絞って説明をすることで、主体的な学びをサポートいたします。

(3)塾と同様の学習環境を、家庭でも。自ら進んでやりたくなる「自宅学習」へ。

当塾で利用する「すらら」は、インターネットさえあれば、どこでも利用できるサービスのため、ご家庭からも塾と同様に勉強することができます。生徒が勉強していることは講師陣も確認が可能ができ、適切なアドバイスや声かけが可能になるため、生徒は高いモチベーションで学習を行うことができます。

(4)丁寧な目標設定/振り返りで、勉強のやる気を持続

適宜、講師とコミュニケーションを取り、目標設定/振り返りを行います。すららの画面で毎回目標を確認できるので、やるべきことが明確に分かります。学習データ基づいて、一人一人に合った学習目標で学ぶことができるので、やる気が持続します。

秘訣②「テスト前特訓」

c.schoolでは、定期テスト「前週の月曜日」から毎日塾を開放し、短期集中での学習指導も実施し、テストで結果を出します。学校のワークなどを活用してテスト勉強にみっちり取り組みます。できるだけたくさん通塾し、わからないところをなくすくらいのつもりで一緒にがんばりましょう!

定期テストは「目標を決め、計画を立てて、達成する」練習をするのにぴったりです。この積み重ねが、学力向上はもちろん、社会に出てから求められる「学ぶ力」へと変わっていきます。このような姿勢で学ぶことで、学校での経験は、大人になってから必要な力へとつながっていくのです。

私たちも、点数が確実に伸びるよう徹底的にサポートを行っていきます。

秘訣③自己管理力向上「勉強ノート」

入塾時に、学習記録ノートをお渡しします。学習計画と学習記録を取る癖をつけることで、自立的に学ぶ力が身に付きます。また、このノートを通じて、講師とお子様のコミュニケーションを深め、より適切なアドバイスをしていきます。

c.schoolならではの3つの特長

特長①【推薦入試対応】
思考力・表現力向上プログラム

隔週単位で、答えのない問いに答える、思考力・表現力向上プログラム(ディスカバリープログラム) を無料で提供しています。作文・プレゼン指導を行い、面接/集団討論/小論文が出題される推薦入試に対応します。

参考:都立推薦入試出題
★小松川高校
2050年までに発明・開発されていそうなもの やことを、一つ又は二つ挙げ、それらが私た ちの生活の中でどのように活用されている か、具体的に述べなさい。ただし、「発明」 「開発」という語のどちらかを、一度だけ用 いること
隅田川高校
「学ぶことの意味」を自身の経験を踏まえて述べてください。
城東高校
「人工知能は人間に危害を加えてはなら ない。また何もしないで人間が危害を受ける のを見過ごしてはいけない。」という第一原 則を示し、人間が人工知能を上手に使うた めの「人工知能三原則」を考える。
江戸川高校
AI(人工知能)やコンピュータに、仕事のか なりの部分が任されるようになってきていま す。そうした中、人にはどのようなことが求 められるか、皆さんで話し合ってください。
深川高校
未来の環境を守るために、あなたができることは何ですか。
東高校
自転車利用者のルール違反やマナーの悪さが社会的に問題になっています。どのよう なルール違反やマナーの悪さがあり、その対策として何をすれば効果があるか。
小岩高校
「スマートフォン」などでニュースを読む人が 増える一方で、「新聞」を利用する人もいま す。それぞれの利点と問題点について、具 体的に話し合ってください。
紅葉川高校
あなたたちで高等学校を作るとします。どのようなルールが必要か意見を出し合い、三つだけルールを作ってください。
葛西工業
駅や公園などの公共の場に、ごみ箱はあったほうがよいか。
第三商業
学校に多くのルールが存在するのはなぜだ と思いますか。

参考:私立小論文
★慶應女子

今(  )に一番欠けていること。※(  )は自分で考える (600字)
錦城
「お金では買えないもの」(600〜800字)
東海大高輪台
外国の方への「おもてなし」として大切なことは何か。(東京オリンピックに関連して。)(400字)
麹町学園女子
グローバル社会を見据えて、自らの中学生活を得たことは何ですか。また、それを高校生活、大学生活でどう生かしていきたいですか。
東海大浦安
コミュニケーションについて、自分の考えを書きなさい。

このような問題をみて、ぱっと考えられる大人も少ないのではないでしょうか。社会の変化に伴い、「答えの決まっている問題に素早く回答する力」よりも「答えのない問いに対して自分の意見を答える力」が重要な時代になってきました。それに合わせて入試も変化してきています。また、ご覧の通り、このような力が問われるのは偏差値によりません。(学校毎に、問題のレベル感や傾向は違います。)

これらの「答えのない問い」に対しては、考え方、表現する方法といったスキルに加え、自分自身の意見を持つトレーニングが必要です。一夜漬けでは身に付かない「答えのない問いに答える力」を鍛えていきましょう!この力は、「正解のない問い」で溢れている社会の中で活躍する力へと変わっていきます。

特長②「志望校」や「なりたい自分」に出会う特別授業

前述の「自分の頭で考える力(思考力)」「自分の考えを表現する力(文章力/プレゼン力)」を育成する「ディスカバリープログラム」は隔週単位で実施いたします。 都立の推薦入試や私立入試の小論文/面接対策を行いつつ、スキルだけでなく、 「志望校」や「なりたい自分」を見つけるきっかけとなる場を提供していくことを意図しています。

特長③温かくてやる気の出る塾づくり

通いたくなる塾だからこそ、子どもたちのやる気に火がつくと考えています。塾生の全員にとって居心地がよく、やる気の出る場作りに力を入れています。テスト前には、目標設定会議、テスト後には、お疲れ様会なども企画しています。楽しく塾に通って、本気で勉強する。メリハリをつけて、ともに成長しましょう!

コース&価格案内

コース内容

個別学習形式とグループ学習形式の両方を採用しています。一人一人の状況に合わせて、5教科対応します。


 週1コース週2コース週3コース
通塾日数週1回
(月4回)
週2回
(月8回)
週3回
(月12回)
科目数1科目最大3科目最大5科目
その他 ディスカバリープログラム
・試験前特訓

学習方法はこちら
もちろん、学校の宿題等の持参も可能です。

授業時間

小学生1コマ90分(16:30~18:50の間)
 中学生/高校生1コマ120分(16:50~18:50 もしくは 19:00~21:00)
お子様のご都合に合わせて、 自由に通塾日の設計が可能です。また、急な欠席も無料で振替授業を行います。

開塾時間

開講日:月〜金曜日・16:00~21:30
休日:土曜日、日曜日、祝日

授業料

当塾では、シンプルでわかりやすい価格設定をしています。年間を通して、安心の授業料でサポートします。

 (税別)週1コース週2コース週3コース
小学生4〜6年生10,000円15,000円20,000円
中学1年生14,000円22,000円30,000円
中学2年生16,000円24,000円32,000円
中学3年生18,000円26,000円34,000円
高校生20,000円28,000円36,000円

【その他経費(税抜き)】
・入塾金  10,000円
・システム使用料:3000円/月
・参考書、模試等は必要に応じて実費 


(参考)中学2年生が週2で通塾した場合

 c.school大手A塾大手B塾個人塾C
コース料金
(月額)
24,000円24,000円30,000円30,000円
諸経費システム料金:
3000円/月額
参考書:実費
10万円程度/年テキスト
施設使用料:
7万円×年2回
=14万円/年
テキスト代:
6000円×3学期
=1.8万円/年
試験対策:
6,000円×5回
=3万円/年
夏季講習費 3.5万円〜15~32万円8万円〜5万円
冬季講習費 3.5万円10~27万円7万円〜3.8万円
春季講習費 3.5万円10~27万円7万円〜3.8万円
年間平均 43.8万円〜+実費61.4万円
(〜117万円)
72万円〜53.4万円

料金体型は「シンプルでわかりやすく」設計しています。参考書の実費につきましては、学習状況や志望校に合わせて、参考書が必要な場合のみ、本屋さんで購入していただきます。
その他、不明点があれば遠慮なくお尋ねください。

ご入塾までの流れ

c.schoolでは「体験授業」にご参加いただいた上で、正式なお申込みを頂く形としています。大切な塾選び、「体験授業」でお子様と保護者様に丁寧にご検討をいただき、納得感を持った上でのご入塾を大切にしております。

ご興味をお持ちいただけましたら、まずはお気軽に学習相談および体験にいらしてください!1週間程度の体験を通じて、学習方法や雰囲気を知った上で、入塾をご検討いただければと思います。

お読みいただきありがとうございました。